サイトコピー

私たちは、四国の西南端にある高知県大月町で、炭の最高級品である備長炭を創っています。
大月町は一番近くの空港にたどり着くのにも、約3時間を要し、「陸の孤島」と呼ばれています。
しかし、このような場所だからこそ存在する宝物がたくさんあります。
その中の一つが備長炭の原材料となる『ウバメガシ』という木です。 私たちは、このウバメガシからつくられた大月町の宝物(備長炭)をみなさまにお届けしていきたいと考えています。

新着見出し