備長炭の特徴

備長炭は原料にウバメガシを使用する、炭の中でも高品質なものです。

産地は主に紀州・土佐・日向ですが、地域によって窯の形や炭焼きの方法にも違いがあります。私たちの作る「土佐備長炭」は、窯くべ・乾燥・炭化・精煉(ねらし)・窯出しという工程を約15日間かけ行い、その後熱いままスバイ(灰と土を混ぜ、水分を含ませた消し粉)をかぶせて消火します。炭化温度は800〜1200度にもなり、硬度は15度以上、折口は貝殻状で叩くと金属音がします。

備長炭の窯出し

土佐備長炭の規格(産地:大月、原木:ウバメガシ)

銘柄 正味量 形状
備丸 12kg 長さ20cm以上、径2.5cm〜4cmまでの丸もの
備小丸 12kg 長さ20cm以上、径1.8cm〜2.5cmまでの丸もの
備大丸 12kg 長さ20cm以上、径4cm以上の丸もの
備割 12kg 長さ20cm以上、長辺3cm〜6cmまでの4つ割り以内のもの
備細丸 12kg 長さ20cm以上、径1cm〜1.8cmまでの丸もの
特丸 12kg 長さ15cm以上の通しもの80%以上(径2.5cm〜3.5cmまで)
特小丸 12kg 長さ15cm以上の通しもの70%以上(径1.8cm〜2.5cmまで)
特割 12kg 長さ15cm以上の通しもの70%以上(長辺3cm〜6cmまで)
特細丸 12kg 長さ15cm以上の通しもの70%以上(径1cm〜1.8cmまで)
特上(1級) 12kg 長さ・直径・長辺とも3cm以上のもの
備特(2級) 12kg 特上に同じ、ただし径2cm以下の丸ものを含む

大月町伝統産業育成協議会

〒788-0302 高知県幡多郡大月町弘見2610番地 TEL:0880-73-1633mail